2013年11月8日金曜日

古き良き最新映画『The Motel Life』


この火曜日、ニューヨークフィルムアカデミー・ユニオンスクエア本校で、ゲイブ&アラン・ポリスキーの新作映画『The Motel Life』の上映会が開催された。これは『バッド・ルーテナント』のプロデューサーを務めた兄弟の監督デビュー作である。主演はエミール・ハーシュ、ステファン・ドーフ、ダコタ・ファニング。上映後には、主演のエミール、ステファン、監督のポリスキー兄弟とのQ&Aが開催された。NYFAインストラクターのベン・コーヘンがイベントの進行を務め、終始会場を盛り上げた。

今週金曜日に劇場とオンデマンドで公開されるこの映画は、ひき逃げ事故を起こしたことを切っ掛けに、故郷のリノから逃げ出す落ちぶれた兄弟を描いている。35mmフィルムで撮影された『The Motel Life』は、爆発や漫画的キャラクターや海外ロケが必要なかった時代の映画の感覚を思い出させる。この登場人物は心の葛藤を通して、ステファンのキャラクターは明確に現実的なジレンマを扱っている。「僕らは普遍的な映画が作りたかったんだ」ゲイブ・ポリスキーはそう語った。

エミイルとスティーヴンは資料で全く連れて行かれ、読書直後に署名されました。
エミールとステファンは資料を渡され、読んだ後に即座にサインをした。監督との初めて仕事は、二人ともとても楽しい体験だったのだという。「彼らはとてもスマートで、一緒にすべての要素を組み立てていったんだ」エミール・ハッシュはそう語った。エミールは12歳の時にモーテルで暮らしていた経験があり、これは彼自身にとっては自分のことに様に捉えたのかもしれない。

ステファンは右足を失う人物の役を演じる前に、そのような境遇になった時にどんな人生を歩むことになるのかを学ぶために、足を失った障害者の人物と時間を過ごした。彼の仕草やこれまでの人生が、ジェリー・リーという役を演じる上で助けになったのだと生徒に語った。


この二人の共演は、夜の時間を個性とユーモアで会場を満たしていた。どのゲストもQ&Aの後に、何人もの生徒の個人的な質問に時間を費やしてくれた。

0 件のコメント:

コメントを投稿