2013年11月26日火曜日

トゥルー・ブラッドのスティーヴン・モイヤー とNYFAのアクティング科生徒達



アクティング科生徒と、トゥルーブラッドのファンはニューヨークフォルムアカデミー・ユニオンスクエア校のイベントに集まった。HBOのドラマシリーズ『トゥルーブラッド』のビル・コンプトン役でお馴染みのスティーヴン・モイヤーが来校し、彼が監督したエピソード『Somebody That I Used to Know』の上映会が開催されたからだ。スティーヴンは上映前にふいに登場し、自分と上映するエピロードの紹介をし、会場を沸かせた。彼の語りはとてもユーモアセンスがあり魅了された。

スティーヴンは現在、『The Sound of Music LIVE!』のトラップ大佐の役作りのためにニューヨークに滞在している。スティーヴンが出演する『The Sound of Music LIVE!』は、Neil MeronとCraig Zadanプロデュースにより1959年のブロードウェイ公演を再現した、3時間にも及ぶテレビの生放送企画である。キャリー・アンダーウッド、ローラ・ベナンティ、オードラ・マクドナルド、クリスチャン・ベールが出演している。この放送は12月5日にNBCで放送される。

NYFAのアクティング科学科長Glynis Rigsbyによる司会でQ&Aは進行され、スティーヴンはビジネスでの彼を今の地位まで押し上げた献身なまでのハードワークなどを語ってくれた。さらに、シーズン5の自身が監督したエピソードで、自身の演出で視聴者を掴むために徹底的にシーンの研究をした。面白い逸話や洞察力に富んだ業界の知識で、スティーヴンは会場を多いに楽しませ沸かせた。彼が人気なのも頷ける。

さらにイベントの後には、スティーヴンは何人かの生徒と個別での話にも応じてくれた。もちろん、記念写真やサインにも、である。


0 件のコメント:

コメントを投稿