2013年11月1日金曜日

クリスティ・ケイツ in ロンドン

ミュージカル科の声楽担当のクリスティ・ケイツがロンドンに渡り、10月19日(日)に『ブロードウェイ・ミュージカルシアター・ワークショップ』を開催した。彼女が直接、才能豊かな参加者達に指導するという刺激的なワークショップだ。
クリスティの最近の活躍は、アーカンソー・レパートリー劇場での『Treasure Island(宝島)』のワールドプレミアで、マリー・ホーキンスという役を演じている。彼女は二万人の観客を前に、オクラホマ州交響楽団のソリストを務めた。ニューヨークフィルムアカデミーでは、プロとして成功している彼女の授業は非常に人気である。

-マーク・オルセン

(写真はウィケッドでクリスティが演じたエルファバ)

0 件のコメント:

コメントを投稿