2013年11月22日金曜日

3Dアニメーションの世界とNYFAのカリキュラム

コンピューターアニメーションは多種多様性な個性と様々な好奇心を取り入れ、沢山の人を魅了している。多くのCG映画やビジュアルエフェクト重視の映画のクレジットでは、様々な役割の担当者のクレジットをみることができる。アーティスト、キャラクターデザイナー・モデラーだけではなく、物理演算担当(布のはためき、建物の崩壊プロセス、爆発など)や開発進行のパイプライン(プログラミングやスクリプトを通した様々な部門との相互作用を合理化する役割)などがいる。CGの世界での適所を探すには、誰もがダ・ヴィンチや、ピクサーのエド・キャトマルのようなフリップサイドのコンピュータージーニアスにならねばならないのだ。

ドローイングのスキル(又はこのようなプログラミング以外の分野)を持つ学生は、間違いなくこれらのスキルを活用することが出来るようになる。多くのドローイング(またはプログラミングなど)を行っていない学生は、NYFAアニメーション科のカリキュラムの一部である、キャラクターデザイン、絵コンテ、ライフドローイングの授業で、それらの技術を得ることができる。

ニューヨークフィルムアカデミーの3Dアニメーションプログラムは、これらすべての側面に触れることができ、学生が関心を持つどの分野でも学ぶことができるゼレラリスト・プログラムである。

0 件のコメント:

コメントを投稿