2013年10月18日金曜日

NYFA生徒とAIDS Walk Los Angeles


10月13日の日曜、ニューヨークフィルムアカデミーの職員、教員、学生ら12人が、25000人の観衆がつめかけた10K AIDS Walk Los Angelesに参加した。1985年の開始以降、AIDS Walk Los AngelesはAPLA(AIDS Project Los Angeles)が主催している。APLAはHIV症状の人の生活の向上に努める専門的なサービス団体であり、HIVの減少と公正かつ効果的なHIV関連の公共政策を提唱している。

今年、テレビ司会者のドリュー・キャリーといつも輝いているリチャート・シモンズの呼びかけにより、1000人もの参加者を集めることができた。(しかも、この効果でAPLAは200万ドル以上の募金を集めることができた)


早朝のシャトルバスに果敢に挑み、封鎖された道路と圧倒的な眠気の中で、チームNYFAはその存在を示していた。チームリーダーのSara Blindauerが先導し、2歳のJudah Connerが共同リーダーのEric Connerをゴールまで押すなどの活躍を見せた。ゴールにはAIDSウォークのボランティアが、水、スナックバー、アイスキャンディー、チートスを用意してくれていた。とてもありがたい。

Amanda VanucchiとArndt Werlingのような生徒の募金の働きかけや、寛大な学校の教員やスタッフの助けを借りたおかげで、ニューヨークフィルムアカデミーのAIDSウォークの募金額は、参加した大学のトップ5の一つになった。



学生代表 Eric Conner



0 件のコメント:

コメントを投稿