2013年9月26日木曜日

マーク・ライデルが語る、監督として重要なもの


アカデミー賞ノミネート監督であり俳優でもあるマーク・ライデルのNYFA主催のゲストスピーカーイベントが最近行われた。2001年のテレビ映画『DEAN/ディーン』の上映後、マークはワーナブラザーズシアターの壇上に上がった。マークはアメリカ軍の退役軍人として、The Gl Billで2年目の奨学金を与えられるまで、サンフォード・マイズナーに師事した。そこから10年間で、ジョン・ウェイン主演の『11人のカウボーイ』、キャサリン・ヘプバーンの『黄昏』、ベッド・ミドラーの『ローズ』を監督するという信じられない程のキャリアを持つことになった。

マークはジェームス・ディーンと個人的に親しかったこともあり、テレビ映画『DEAN/ディーン』を監督することになった。「私はジミー(ジェームスのこと)をよく知っていたし、俳優として彼と一緒に仕事をするのは非常に刺激的だった。ジミーはすごく生き生きとしていて…彼のエンジンはずっと動きっ放しだった。」ジェームズ・フランコがジェームズ・ディーンの演じる上で、マークは決して役作りに口は出さなかったのだと語った。代わりに彼はフランコを散歩に誘い、ジェームズ・ディーンの生い立ちについて話をした。その時、フランコが非常に特別な何かにつまずいていたことも彼は知っていた。もちろん、素晴らしい演技でジェームズ・フランコがゴールデングローブ賞を受賞したことが、彼が正しかったことを証明している。「一般的に、俳優を奮い立たせて良いものにするのが監督の仕事だ!」と、マークは語る。


 84歳になり、マーク・ライデルは現在の仕事のスタイルについての考えを持っていた。「現在フォーカスが当たるのは、幾ら儲かって幾ら損失したかばかりで実につまらない。芸術とは逆の、儲けの追求のようなものになっている。」彼は協力とオープンマインドが鍵であると説いた。例えば、カメラマンにはそれはとても重要な要素だろう。俳優にも当てはまるかもしれない。「自由に創造できる環境を作る為に、フレンドリーで、前向きで、奮い立たせるようにすることが重要だ。」最後に彼はこう締めくくった。「君たちはオープンにならないといけないんだ!それが撮影現場の誰でも、ケータリングの業者にもだ。次に続く素晴らしいアイディアは、どこから来るか分からないのだから!」

0 件のコメント:

コメントを投稿