2013年7月17日水曜日

Snake Alley映画祭選出作品「The Tell-Tale Heart」


image
かの有名なエドガー・アラン・ポーの物語に触れたのは彼がイタリアにいた幼少期のことである。ニューヨークフィルムアカデミー撮影技術プログラム卒業のLeonzo Atamiは「The Tell-Tale Heart」が自分が挑戦すべき映画であると感じた。今、彼のショートフィルムがShake Alley映画祭で上映される。NYFAの16mm Arri SRllカメラを使い、Lorenzoは荒い画質にすることで、ホラーというものをリアルに映し出す。彼はロジャー・コーマンの低予算映画に影響を受けたと語った。「その感覚が、私の中での物語作りや観客にどう見せればいいか覚えていたんです。」と言う。
image
イタリア海軍にボランティア参加後、Artamiは映画業界に入りたいという明確な意思と熱意を再認識する。彼はニューヨークフィルムアカデミーの集中的な実践カリキュラムを受けに来た。それまで映画制作の経験は全く無かったと話す。「私は映画の現場で働いた事もなかったし、何を使って作るのかすら知らなかったんです。でもすぐに献身的に学生に寄り添ってくれる先生に出会うことが出来ました。実は受け身でいられる学校が好きだったのですが、様々なワークショップやニューヨークの校舎外の授業での表現方法などは自分自身に任されていました。」
Lorenzoはニューヨークフィルムアカデミー在学時は多くの学生と映画の共同制作しており、彼が撮影を担当したAmanda Alvarez Diazの映画「You Only Live Once」は今年のMemphis International Film & Music Festivalに選出された。

0 件のコメント:

コメントを投稿