2013年7月31日水曜日

写真科インストラクター Kathleen McLaughlin

ニューヨークフィルムアカデミーの写真科インストラクター、Kathleen Laraia Mclaughlinは1999年から長期にわたってルーマニアの北トランシルバニアでドキュメンタリープロジェクトに関わっていた。代表的な仕事は、2011年に出版された著書『The Color of Hay: The Peasants of Maramures』や、去年のシビウ国際映画祭での写真作品のエキシビジョンなどがある。この10月にInstitute of Romanian Cultureから助成金を受けてルーマニアに戻る予定だ。彼女の今後の活動が知りたいなら、彼女のFacebookをフォローするか、ホームページを見てみるといい。




0 件のコメント:

コメントを投稿