2013年7月17日水曜日

ある卒業生のロバート・レッドフォードとの仕事


image
数々の功績を持つ俳優、ローバート・レッドフォードが手掛ける初のテレビシリーズのアナウンスが入った。誰が彼のプロダクションコーディネーターに選ばれたか。他でもない、ニューヨークフィルムアカデミー卒業生のAndrea Blakeであった。
Andreaが卒業したのは丁度一年前だ。その短い期間の間に、彼女はインターンとフリーランスのNYFA学士課程の教師として、Hilla Medaliaのトライベッカ映画祭出品作品「Dancing In Jaffa」などに関わった。その後、彼女はシカゴに引っ越した折にアカデミー賞ノミネート、サンダンス映画祭受賞監督スティーブ・ジェイムズ(代表作/HOOP DREAMS)に引き抜かれインターンとなる。彼女は彼の会社Kartemquin Filmでいくつかのドキュメンタリー作品でインターンとして参加した後に働き始める。その中にはかのロジャー・イバートの作品もあった。
そして今現在、Andreaはロバート・レッドフォードのテレビシリーズ「CHICAGOLAND」で仕事をしている。彼のSandance ProductionsとAMCのシリーズ「Brick City」を手掛けた敏腕プロデューサーと共に。
Andreaに賞賛を贈るー彼女を捕まえた彼らは本当にラッキーだ!
-Andrea Swift (ニューヨークフィルムアカデミー ドキュメンタリー学科長)
image

0 件のコメント:

コメントを投稿